お金の無償支援

 自分の意思の弱さが悪いのかもしれません。
学生時代の友人から教えてもらったパチンコですが、ストレス解消に何度か出かけるようになってしまっていました。
仕事のストレスだって解消できるし、あの騒音の中に身を置くことがとても楽しい。
大当たりが出れば、激しく高揚してしまう。
パチンコ屋さんて、私の中で魅力いっぱいの存在になってしまったのです。

 給料が出た後、期待しながらパチンコ屋さんに入り、新台に座りました。
新台ですから、大当たりが来る確率が高いので、期待は高まってしまっていたんです。
ところが、その台はハズレの台だったのです。
すぐに諦めれば良いものを、次に大当たりが来るはずだなんて気持ちから、打ちまくってしまったのでした。

 結果、その月の生活費の大半をつぎ込んでしまっていることに気が付きました。
顔面蒼白になってしまった私。
貯蓄だってないんだから、どうやって生活していけばよいのか?
思いついたのが、お金の無償支援という言葉でした。
愛人掲示板

 お金の無償支援の相手を探すために、ネット上で有名な出会い系サイトを使ってみました。
利用者が沢山いるんですから、お金の無償支援だって探せるに違いないという望みをかけてみました。
掲示板に投稿してみたのですが、なかなか反応がない。
それでも、時間を見つけては掲示板に投稿していく。
そうしたら、男性からメールが送られてきました。

 仕事の帰りに待ち合わせをして、その日は軽いお話をしました。
自分の制御ができず、パチンコで負けて、生活費が危険な話をしました。
「2日後に、食事につき合ってくれ。とりあえず3万円渡そう」
男性の言葉に、私は救われた気分になりました。
ちなみに初回の待ち合わせの時、タクシー代として1万円いただけました。

 2日後に、お食事にお付き合いをして、帰りにぽち袋を渡されました。
3万円が入っていました。
「また来週、時間取れるかい?同じ金額を支払う」
この言葉に、感涙でした。

 それから、4ヶ月が経過しているのですが、現在でもデートを続けています。
とても大きな副収入に、落ち着いた生活を手に入れられています。
好きなパチンコも、気軽に出かけられています。
お金欲しい掲示板
お金欲しい掲示板